年月が経っても魅力的な家

2009年6月4日から「長期優良住宅普及促進に関する法律」が施行されました。

長期優良住宅とは、良い家を建てて、きちんと手入れして、
長く大切に使うことの出来る住宅です。

また、この長期優良住宅は、「各種減税」や「住宅ローン」の優遇措置が受けられます。

建てる時

長期優良住宅には、建てるときに6つの必要な条件があります。

耐震性能

自信に強い安心の家

大規模な地震に対して倒壊ににくい、損害が少なくて済む一定の耐震性が必要です。
 

耐久性能

躯体のしっかりした長く住める家

何世代にもわたって済み継がれる家には構造や骨組みをしっかり作り、耐久性能を持たせる必要があります。

維持管理の容易性

メンテナンスのしやすい家

耐用年数な比較的短い内装や設備は、メンテナンスやリフォームがしやすい家でなければなりません。

住戸面積

暮らしやすい広さを確保した家

暮らしやすい住まいにするために必要な最低限の広さが決められています。
 

省エネルギー性能

地球にも家計にも優しい家

断熱性能など、一定の省エネ性能が確保されている必要があります。地球に優しく、また、家計にもやさしい省エネ住宅が条件です

居住環境

地域のまちなみに配慮した家

地域のまちなみに調和するように配慮した住まいであることが求められます。
 

建てた後

建てた後も、きちんと手入れして、メンテナンスすることで資産価値も保たれます

維持保全

住まいの履歴書がついた家

住宅性能は経年にともない低下する部分も出てきますので、節目ごとに専門家による建物の評価を得ることが大切です。リフォームやメンテナンスなどを上手に活用し、建物の資産価値を保ちつつ、長く快適に住み継いでいく意識をもちましょう。

たとえば20年後

今までの住宅

まだ築20年しか経っていないのに、価格が安くて売るに売れないなんてことも・・・

長期優良住宅

リフォームやメンテナンスによって住みやすさが一新。資産価値を保つことができます。

※長期優良住宅制度についての詳細は国土交通省のページでご確認ください。

税制優遇について

長期優良住宅として認定を受けた家は様々な税制優遇が適用されます。
□長期優良住宅に対する税の特別措置

  一般住宅 長期優良住宅
所得税
(ローン減税)
*1
控除期間 10年
居住年 控除対象
限度額
控除率 最大控除額
H21 5000万円 1% 500万円
H22 5000万円 500万円
H23 4000万円 400万円
H24 3000万円 300万円
H25 2000万円 200万円
控除期間 10年
居住年 控除対象
限度額
控除率 最大控除額
H21 5000万円 1.2% 600万円
H22 5000万円 600万円
H23 5000万円 600万円
H24 4000万円 1% 400万円
H25 3000万円 300万円

所得税
(投資型減税)

*1

標準的な性能強化費相当額(上限1000万)の10%相当額を、その年の所得額から控除
登録免許税*3 保存登記 1.5/1000
移転登記 3.0/1000
抵当権設定登記 1.0/1000
保存登記 1.0/1000
移転登記 [戸建]2.0/1000
     [マンション]1.0/1000
抵当権設定登記 1.0/1000
不動産取得税*3 1200万円控除 1300万円控除
固定資産税*3 [戸建] 1~3年目 1/2軽減
[マンション] 1~5年目 1/2軽減
[戸建] 1~5年目 1/2軽減
[マンション] 1~7年目 1/2軽減

※1. 控除額が所得税額を超える場合は、一定額を、個人住民税から控除することができます。(当該年分の所得税の課税総所得金額等に5%を乗じて得た額(最高9.75万円)を限度)
※2. 控除額がその年の所得税額を超える場合は、翌年分の所得税額から控除することができます。
※3. 平成22年3月31日まで